野郎4人の天体撮影 ~猪名川天文台編~

こんにちは、先月に運転免許を取得しましたRYOTAです。このブログに書かせて頂くのは初めてとなります。

今回は4/20の夜から21の朝方にかけて、猪名川天文台にて星空を撮影してきました。

今回の参加メンバーは、現役部員三人とOB殿一人となりました。

事の流れは、私とエターナル総務(部員)が、部室で「来週末に星を撮りに行こう!」と声をかけ、現部長とOB殿が撮影に参加してくださることになったという次第です。快諾してくれるのが最高すぎる。

猪名川天文台は、兵庫県猪名川町の北部に位置する天文台。

衣笠キャンパスから出発し、山道を走り、約2時間で到着しました。

参加メンバー達は過去に二回ほど猪名川天文台に訪れたことがあったそうですが、そのどれもが曇りでイマイチな結果だったとのこと。かくいう私も、過去に一度だけメンバー達と共に猪名川天文台に訪れ、ドン曇りで敗退した思い出がありました。しかし今回の星空は…

まさに満天!! 夜空一面に、星が広がっている!

初めて猪名川天文台から見える雲一つない星空には、言葉では表しがたい感動がありました。

さっそく撮影の準備を始めるメンバー達、この星空にはテンションも更に上がりますよねぇ

以下、星空写真です!!

街の光を取り入れ、景色と共に撮影してみました。加えて、現像時には色のムラやノイズ処理に悩まされ、センサーサイズの貧弱さを実感しました。フルサイズカメラが欲しいなぁ…

前からやってみたかった縦長の構図です。良い感じに木と東屋がたっていたので、北斗七星と共にアクセントとして写真に収めることができました。



 何枚か撮影したところで、本番の長時間露光・連続撮影!

比較明合成によって、星の軌跡が綺麗に描かれていますね。この種類の撮影には少なくとも
     1 時間半ほどの時間を要しますが、その分できあがったときの感動も大きいと思います。

 夜の撮影はこれにて終了。メンバーは車内で仮眠をとります。

仮眠開始から約2時間後、午前四時半には星の光が朝の光に溶け始め…

猪名川天文台に、朝がきた!快晴ならではのグラデーションが美しかったです。

 おはよおおおお!!朝だよおおおおおお!!!

明け始めの空をバックに記念撮影!私も含め、楽しそうでなによりです

集合写真の後は、部長が提供する、朝のコーヒータイム

天文台の朝に飲むブラックコーヒーは格別でございます


 
 朝のコーヒーは苦すぎるくらいが丁度良い、そんな会話をしながら空を眺めていると謎の飛行
  物体を発見…

望遠で観測してみると、どうやら戦闘機であるとのこと。オレンジ色の空に描かれていく飛行
  機雲が幻想的でした。

急いでカメラを取り出し、撮影タイム

そしてすっかり夜は明け、帰還の時間です。約8時間に渡る撮影でしたが、終わってみると早い
 ものです。堪能させていただき、どうもありがとうございました。

まとめ

今回の撮影は条件も良く、22時に現地入りというそれなりの時間に撮影を始めることもできました。次回に向けては、流星群や大三角・星座シリーズなども視野に入れ、猪名川天文台はもちろん、他の星空撮影地にも行ってみたいと思う所存です。

   今回の記事はここまでです。長々とした文章になりましたが、最後まで読んで頂きありがとうございました

    GWには、部員8人ほどで茨城へ遠征する予定です。撮影のメインは星空になりますが、果たして空は晴れるのでしょうか…

おまけ

・背中で語る男、エターナル総務

・高々と舞い上がる戦闘機に、照準をSET!!